FAX通信 E-チャンス
~第205号~ 2019年11月 7日発行

 ラグビーW杯が終了しました。初めて、試合を見た方も多いと思います。ルールは分からなくとも、タックルの迫力や試合後のノーサイド精神には、深く感動しました。一つの目標に向かって進む大切さを学んだ気がします。
【 文責 佐藤 明 】

□5G大戦(上場企業245社アンケート徹底解剖)【週刊ダイヤモンド 11月9日号】

 次世代通信インフラの基盤となる5G(第5世代通信規格)のプレサービスがついに日本で始まりました。高速大容量等、4Gとは桁違いの進化により、どんな変化が起きるのか?上場企業の動向から中小企業への影響が見えてくるように思います。
【 記事担当 岡部 徹 】

□幹部を育てる乗り越えたい3つの壁  【日経トップリーダー 11月号】

 中小企業にとって、社長と社員の間に入って動ける幹部がいるかどうかが、企業成長の大きな分かれ目になります。幹部候補の選抜と育成のノウハウ、ぶつかる3つの障壁の乗り越え方を事例を交えて紹介しています。
【 記事担当 前田 義宣 】

□エンジニアの幸せを第一に考えるIDHの挑戦【THE21 11月号】

 厳しい労働環境のITエンジニアリングの世界で、好きなことを好きなようにやるという斬新な働き方で注目の会社、㈱アイ・ディ・エイチ。社員のやる気が仕事を生み出していく、その理由を語っています。
【 記事担当 村田 荘子 】

ワンポイントアドバイス

~令和2年分の扶養控除等(異動)申告書の注意点~

 年末調整では、令和2年分の扶養控除等(異動)申告書を併せて提出してもらう場合があります。令和2年から所得税の基礎控除額が引き上げられ、給与所得控除が引き下げられます。この改正により、配偶者、扶養親族の「所得の見積額」の記入金額に注意が必要です。給与収入が同じでも令和元年と令和2年では所得が異なります。

  例:給与収入103万円 元年 所得 38万円(給与所得控除 65万円)

              2年 所得 48万円(給与所得控除 55万円)

 税制改正により年末調整が複雑になり、誤りが増えています。従業員へ注意喚起と提出された書類のチェックを行いましょう。

ページTOPへ

Seminarセミナー

セミナーのご案内
CEO塾
Eチャンス

遠藤会計事務所が主催するセミナです。多彩な講師陣を迎え開催しています。中小企業の経営者の方にお勧めです。

これから経営者に必要とされるファイナンシャルIQを高めて頂く為の実践塾です。会社を経営するうえで必要な「ビジネス感性」「会社全体像の把握」「販促物のノウハウ」「経営計画」の知識が身に付きます。

毎回お役に立つ情報やお知らせをFAXにてお送りしています。

ご相談・お問い合せは、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。
山形 鶴岡市
株式会社 遠藤会計事務所
電話番号0235-22-2884