FAX通信 E-チャンス
~第184号~ 2018年2月7日発行

 人材不足と叫ばれ、求める人材を採用できない場合、教育でカバーするという考えがあります。

 しかし、新人教育は苦労する事も多く、スタッフに負荷がかかる場合も想定されます。早く戦力になるための、教育マニュアルの作成・見直しも必要なのかもしれません。
【文責 金子隼輔】

□俺の時短~時間を制する社長は経営を制する~【日経トップリーダー12月号】

  成長している会社の社長は仕事に振り回されず、社長業に専念する時間を、自分でコントロールし捻出されております。

 優先順位を明確にし、捨てるべきものは捨て、一切時間を掛けないなど、ライザップ社長を始め、数社の社長の時短術と時間の使い方が紹介されております。

【記事担当 長谷川 徹】

□考える力の鍛え方【THE21 2月号】

 AI時代の突入により、「記憶力」や「知識量」に代わって、「判断力」が問われるようになってきました。

 そんな時代だからこそ、論理思考とは何かを理解し、鍛えていかなくてはならないのではないでしょうか。

【記事担当 佐藤 明】

□「おもてなし」のウソ【日経ビジネス 1/22号】

 日本のおもてなし文化が、果たして顧客満足度を上げているのか。各種サービス業をはじめ、識者・外国人など、接客に対しての在り方が議論されています。

【記事担当 村田 荘子】

ワンポイントアドバイス

医療費控除の提出が簡略化されました

 

 平成29年分の確定申告から医療費控除を受ける場合の手続が、以下のとおり改正されています。

 「医療費の領収書」の提出が不要となり、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。この場合「医療費の領収書」は自宅で5年間保管する必要があります。

 また、健康保険組合など医療保険者から送付されてくる「医療費のお知らせ」を添付する場合は、明細書の記載や領収書の保管を省略することができます。

詳しくは、担当スタッフまで、お問い合わせ下さい。

ページTOPへ

Seminarセミナー

セミナーのご案内
CEO塾
Eチャンス

遠藤会計事務所が主催するセミナです。多彩な講師陣を迎え開催しています。中小企業の経営者の方にお勧めです。

これから経営者に必要とされるファイナンシャルIQを高めて頂く為の実践塾です。会社を経営するうえで必要な「ビジネス感性」「会社全体像の把握」「販促物のノウハウ」「経営計画」の知識が身に付きます。

毎回お役に立つ情報やお知らせをFAXにてお送りしています。

ご相談・お問い合せは、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。
山形 鶴岡市
株式会社 遠藤会計事務所
電話番号0235-22-2884