FAX通信 E-チャンス
~第181号~ 2017年11月7日発行

 近頃、家族総出で大掃除をする話を耳にすることがなくなりました。風水では開運の基本は掃除で、更に11月中に大掃除するのが最も良いと言われています。

 新しい年を迎える準備には少し早いかもしれませんが、運気が上がる様、今月に大掃除をしてみてはいかがでしょうか?

【文責 真田 洋】 

□書類作成術&文章術 【 THE21 11月号 】

 報告書や企画書など、普段作成している文書のどこが良く、どこが改善すべきかわからないことも多くあります。

 「必ず伝わる!」「一発で通る!」ための改善方法について、具体例が挙げられています。

【記事担当 長谷川徹】

□小さく狭く濃く深く【 商業界11月号 】 

 売上増加を目指し、販売先拡張やネット販売等を始めたものの、いまひとつ業績に結び付かない事が多いようです。

 そんな悩みにお答えすべく、筋肉質な高利益体質の経営をするための極意が紹介されています。

【記事担当 佐藤 明】

□ 「休める会社」はつくれるのか【 日経トップリーダー10月号 】

 人手不足の深刻化の現状と働き方改革を進める国の政策にどう対応していくか。「休みを増やせば利益が増える」は本当か。

温泉旅館と製造業の取組みなどが紹介された特集です。

【記事担当 村田荘子】

ワンポイントアドバイス

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」

 

加入要件が緩和され、職場の厚生年金等とは別に加入できるようになりました。

 

・メリット  毎月少額の掛け金で加入でき、預金から株式まで運用方法も選べます。

       掛け金は全額「社会保険料控除」の対象になります。

・デメリット 原則60歳になるまで引き出すことができません。

       運用を失敗すると目減りし、手数料も発生します。


運用益は少ないですが、預金など元本保証タイプで運用すれば、同じ掛け金の生保に加入するよりも、年末調整で所得税、住民税の節税分がお得となり、有効な節税商品です。

ページTOPへ

Seminarセミナー

セミナーのご案内
CEO塾
Eチャンス

遠藤会計事務所が主催するセミナです。多彩な講師陣を迎え開催しています。中小企業の経営者の方にお勧めです。

これから経営者に必要とされるファイナンシャルIQを高めて頂く為の実践塾です。会社を経営するうえで必要な「ビジネス感性」「会社全体像の把握」「販促物のノウハウ」「経営計画」の知識が身に付きます。

毎回お役に立つ情報やお知らせをFAXにてお送りしています。

ご相談・お問い合せは、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。
山形 鶴岡市
株式会社 遠藤会計事務所
電話番号0235-22-2884