FAX通信 E-チャンス
~第182号~ 2017年12月7日発行

 毎年12月半ばに、来年度の税制改正大綱が発表されます。注目すべき税制改正は「事業承継税制」です。
平成29年度税制改正において一部改正されたばかりの税制ですが、抜本的に拡充され、さらに使いやすく改正される方向のようです。事業承継をお考えであれば、今後発表される税制改正大綱には、ぜひご注目下さい。
【文責 長谷川 徹】

□私が心に刻んだ忘れ得ぬ出来事【日経トップリーダー11月号】

 経営者は会社が順調な時も、逆境の中にあっても、常に先頭に立って舵取をしなければなりません。

 困難に立ち向かい克服した3名の経営者の体験を紹介します。

【記事担当 前田 義宣】

□パート・アルバイト定着&戦力化の決め手【 商業界12月号 】

 人材確保は企業にとって、大きな課題です。身近な戦力であるパート・アルバイトの力を生かす"ポジティブな定着"の不可欠要件を実践事例で紹介しています。

【記事担当  真田 洋】

□ 本当に疲れが取れる!最高の休息術【THE 21 21月号】

 『休んでもなかなか疲れが取れない。』『疲れを取ろうと休息をとるだけで休みが終わってしまう。』こんな悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

 疲れが残らない休み方、休息の仕方を学べば、仕事もプライベートももっと充実するかも知れません。

【記事担当 白滝 佳博】

ワンポイントアドバイス

年末調整の書類のマイナンバーについて

 

 毎年年末調整で記入をお願いすることになる書類の一つ『給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』には、マイナンバーを記入する欄がありますが、継続して働いている方は会社がマイナンバーを既に帳簿等で管理していると思います。

 マイナンバーを記載してしまうと保管方法がより厳重になりますので、『今年入社された方』や『新しく扶養家族等が増える』方以外はマイナンバーを記載しない事をお勧めします。

 帳簿等でマイナンバーの管理をしていると認められる要件は、①氏名、住所、マイナンバー②マイナンバーの提出をうけた書類名と受理日です。

ページTOPへ

Seminarセミナー

セミナーのご案内
CEO塾
Eチャンス

遠藤会計事務所が主催するセミナです。多彩な講師陣を迎え開催しています。中小企業の経営者の方にお勧めです。

これから経営者に必要とされるファイナンシャルIQを高めて頂く為の実践塾です。会社を経営するうえで必要な「ビジネス感性」「会社全体像の把握」「販促物のノウハウ」「経営計画」の知識が身に付きます。

毎回お役に立つ情報やお知らせをFAXにてお送りしています。

ご相談・お問い合せは、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。
山形 鶴岡市
株式会社 遠藤会計事務所
電話番号0235-22-2884