FAX通信 E-チャンス
~第178号~ 2017年8月7日発行

 8月は俳句の上では秋となり、7日は立秋です。まだ暑い盛りですが、夕方になると涼しい風を感じ、秋らしさを感じることも増えてくる事でしょう。

紅葉のシーズンはまだまだ先ですが、秋へと変わりゆく風景を眺めるにはいい時期です。

【記事担当 岡部 徹】

□プロフェッショナルの「時短」戦略【THE21 8月号】

 「仕事のムダを削るだけでも、一日一時間ほどの時短が可能」その位、日本の職場には数多くの「ムダ」が潜んでいることを指摘されています。

残業を生む「5つのムダ」とは何か、仕事効率化の11の鉄則とは何か。

皆様の会社でも応用できる施策がきっと見つかるはずです。

【記事担当 長谷川徹】

□小さくても選ばれる理由【商業界 8月号】 

 自分が考える自社の良さと、顧客が感じる良さに違いはありませんか?

そもそも誰に、何を、どのような価値を提供しているのか、明確でなければ伝わりません。

「選ばれる」ためのブランディング技術が特集されています。

【記事担当 佐藤 明】

□ ファミリービジネス研究会【日経トップリーダー 7月号】

 若い後継者と元気な先代との複雑な関係について、星野リゾート社長星野佳路氏が取材、紹介しています。

今号は東横イン黒田麻衣子社長と先代父とのシーツ大論争が興味深く書かれています。

【記事担当 村田荘子】

ワンポイントアドバイス

Excelの集計機能「ピボットテーブル」

 

 ピボットテーブルはExcelで「クロス集計」を行う機能です。

クロス集計とは、2つ以上の項目についてデータの集計を行う集計方法です。よく例に出されるのは「部門」ごと「商品」別に「金額」の合計値を出すのですが、今の販売管理のソフトであれば、この機能を使うまでもなく出せます。

ただ、この機能の良い所は、統一された書式に並んだデータであれば自分が知りたい集計値が出せるということです。販売管理のソフトからCSV形式でデータを切り出せれば、ピボットテーブルを使ってアッという間に集計が完了します。Excelの「挿入」をクリックすると、ピボットテーブルがあります。

是非ご活用下さい。

ページTOPへ

Seminarセミナー

セミナーのご案内
CEO塾
Eチャンス

遠藤会計事務所が主催するセミナです。多彩な講師陣を迎え開催しています。中小企業の経営者の方にお勧めです。

これから経営者に必要とされるファイナンシャルIQを高めて頂く為の実践塾です。会社を経営するうえで必要な「ビジネス感性」「会社全体像の把握」「販促物のノウハウ」「経営計画」の知識が身に付きます。

毎回お役に立つ情報やお知らせをFAXにてお送りしています。

ご相談・お問い合せは、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。
山形 鶴岡市
株式会社 遠藤会計事務所
電話番号0235-22-2884